CCS Japan Cargo Community System Japan

カーゴ・コミュニティー・システム・ジャパン株式会社 Cargo Community System Japan

CCS Japan とは

CCS とは?

CCS(Cargo Community System)は、グローバルなネットワークにより、多くの航空会社、フォワーダー、上屋会社等と結ばれているため、あるユーザーがCCSと接続すれば、世界中のCCSを経由して、世界中のユーザーと貨物情報を交換することが可能になるばかりでなく、個別ユーザー毎の接続による費用や、変換の手間を省くことも可能になります。

ワールドワイドなネットワーク

CCS Japanは、日本で唯一のCCSとして、世界中の航空貨物マーケットを結ぶ、グローバルな貨物情報システム “TRAXONグループ” の主要メンバーとして、ワールドワイドなネットワークを展開しています。
CCSJ Japanのユーザーは、そのネットワークを利用して、1日24時間いつでも瞬時のうちに最新情報を送受信することができます。

CCS Japan の特徴

CCS Japanは、多くのユーザーを結ぶため、データセンター内に、「無停止型」コンピューターを使用したメッセージ交換機(MSB)を設置。 これにより様々な通信手段やタイプのメッセージが、迅速かつ安定的に変換、伝送されると共に、データの守秘性も保証されています。

CCS Japanでは、「国際航空貨物情報交換サービス」に加え、「上屋情報サービス」、 「e-CODサービス」といった独自のサービスもご用意しております。

またCCS Japanは、ユーザーの利便性、信頼性、及びサービス品質の向上に取り組むと共に、 IATAの推進する航空貨物運送状の電子化(e-AWB)や、情報プロトコルのXML化等にも対応して、航空貨物業界に必須の情報インフラとして、貢献できることを目指しています。