CCS Japan Cargo Community System Japan

カーゴ・コミュニティー・システム・ジャパン株式会社 Cargo Community System Japan

ダイレクトインターフェース

「ダイレクトインターフェイスサービス」は、 お客様のシステムとCCS Japanのシステムを直接デジタル専用線やインターネットVPNなどで接続するサービスで、 ご利用頻度の高いお客様に適したサービスです。


特徴

  • 通信プロトコルは、FTP、SFTP、全銀TCP/IP、MQ等をお選びいただけます。
  • 貨物輸送に関わる国際的なEDIの標準フォーマットであるCARGO-IMP/UNEDIFACTに準拠したほとんどのメッセージの情報交換が可能です。また、CARGO-IMPのバージョン間の変換も可能です。
  • 受信したデータをお客様のシステムで加工するなど、幅広く貨物情報を利用できます。

ご利用いただけるサービスメニュー

① 国際航空貨物情報交換サービス

トラクソン・グループの海外パートナーを通じて、 CCS Japanユーザーと世界中のメンバー航空会社の間で、e-AWBに対応したマスターAWB情報(FWB)、 各国の事前申告・AMSに関するハウスAWB情報(FHL)、航空会社のステータス・アップデート情報(FSU)などを中心とした 電子データを交換するサービスをご提供しています。

参加航空会社一覧


② e-CODサービス

輸入混載貨物の着払運賃・料金について、ブレークバルク業者と通関業者間のネット精算サービスをご提供しています。


③ 上屋情報サービス

到着ハウスマニフェスト情報(HMI)をフォワーダーから上屋会社に送信するサービス、上屋料金情報(BDY)を上屋会社からフォワーダーに送信するサービス、 及び到着貨物の上屋でのステータス情報(FSU)を航空会社に送信するサービスをご提供しています。

参加上屋会社一覧